今さら聞けないを教えます

あなたの疑問におこたえしますね

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は医師に処方してもらう医療用医薬品であり、ドラッグストアなどで処方せんなしに買える市販薬ではない。新薬(先発品)の特許が切れた後に発売される成分、薬効が同じ薬のことをジェネリック医薬品(後発品)といいます。(当然特許が切れてないものはジェネリック医薬品は存在しません)ジェネリック医薬品は開発経費がかかりませんので、先発品に比べ値段は安く経済的です。このため、患者負担の軽減、医療保険財政の改善策として厚生労働省健康保険組合ジェネリック医薬品を推奨しています。

 

効果、安全面について

先発品もジェネリック医薬品も有効成分はまったく同じですので、基本的に、効果や副作用に差はないと考えてよいと思います。後発品については、「生物学的同等性試験」により効果は保証されています。ただし、完全に同一とは言えず、賦形剤や添加物の種類が異なるものがありますので、吸収時間、血中濃度の推移などに多少の差はあります。

 

ジェネリック医薬品をもらうにはどうすればよいか?

まず処方医にジェネリック医薬品希望と伝える→医師がジェネリック医薬品でもいいと判断した場合はジェネリック医薬品変更不可にチェックを入れずに処方箋が発行される。→その処方箋をもって薬局へ行く。そこでジェネリック医薬品希望と伝えることでジェネリック医薬品をもらうことができます(本来、薬局の薬剤師はジェネリック医薬品を希望するかどうか確認する義務があるのですが、実際には聞かれることは稀なので自分から言うようにしましょう。)

 

ワンポイントメモ

・長期間、薬を服用する場合は結果的に薬代の大きな節約につながる。
ジェネリック医薬品は新薬の特許切れの後に発売される同一成分同効薬。
・発売まもない新薬にはジェネリック医薬品がない
・有効成分は同一。ただし賦形剤や添加物は異なる場合あり
ジェネリック医薬品の種類は膨大のため薬局に在庫がない場合がある。            (その場合取り寄せてもらうことは可能。)